新しいサイトに移転しました。

https://s-physicallabo.com/hizanoitami

3秒後に自動的に転送されます

 

 

こんな症状でお困りではありませんか?

□ 階段の昇り降りが辛い

□ 正座ができない

□ 長時間歩くと痛む

□ 圧すと痛みがある

□ 腫れている・熱を持っている

□ 変形がある         など

 膝に問題を抱えている方は非常に多いですね。症状の出方は人それそれですが、共通していることが1つあります。殆どの場合「膝は被害者で原因は別にある」ということです。

 理由を簡単に説明すると、関節の構造的な問題なのですが、膝というのは厳密には少し違いますが曲げ伸ばししかできない関節です。ただ、その上下にある足関節と股関節は曲げ伸ばしだけではなく回すことのできる関節です。足関節と股関節を正しく動かして膝が曲げ伸ばしだけをすればいいように調整することが重要ですが、これが破綻してしまった場合、膝関節にそのしわ寄せがいくことになります。その負荷は体重の最大で10倍近い非常に大きなものです。

 健康のために1万歩を目標に散歩している方だと、片足に5000回ずつこの負荷をかけていることになってしまいます。無意識に行ってしまっているので直すのは難しいですが、正し体の使い方を覚えるというのはとても大切です。

✦施術のポイント

膝の痛みは場所よりもどの動きで感じるかが重要です。

 膝蓋骨の周りに痛みを感じる方が多いと思いますが、どこに痛みを感じたとしても、一番最初に疑うことは「曲げた時に痛みがあれば膝の裏側(屈筋群)」「伸ばした時に痛ければ膝の前側(伸筋群)」ということです。正しく筋肉が収縮しない代償として、拮抗関係にある筋肉が過剰に収縮し痛みを感じている状態です。

 そして膝の筋肉の多くは二関節筋といって同じ筋肉が股関節と足関節の運動にも関わっています。膝だけではなく、船体敵の動きのチェックがとても大切です。

①問診・評価

​お話を伺いながら、痛みの出る動きや時間帯、場所などを確かめながら症状の原因となっている部位を探していきます。これを疎かにすると施術効果が得られなくなってしまうので、多少時間がかかっても入念にやらせていただいています。

​②施術

​痛みの部位をチェックしながらストレッチと正しい動かし方を繰り返しながら、筋肉の動きを調整しながら、体の歪みを調整していきます。

​(運動をしていただきますので可能であれば動きやすい服装でご来院ください。施術用の着替えは簡単なものは用意しています。)

③効果チェック

症状が改善しているか、実際に動いてみて確認します。

​症状が残っている、別の症状を感じる場合は、評価、施術を繰り返します。

④セルフケアの指導

再発防止用のセルフケアの方法をお伝えします。

ストレスなく生活の中に取り入れられる内容をアドバイスさせていただきます。合わせて日常生活で気を付ける点などもお伝えします。

(30分のコースでは時間的に難しい場合があります)

⑤お会計・次回予約

お会計と次回の予約をして終了です。

​予約は後日でも構いません。

問い合わせ.png

TEL:070-3122-5244

​お気軽にお問合せください

line相談.png
mail相談.png
path4538.png